オンライン寺子屋について

概要説明

このページではオンライン寺子屋開校までの経緯や授業の特徴をご紹介します。

オンライン寺子屋は勉強の本質は教わる一方の受け身の授業ではなく、主体的な取り組みにあるという理念に基づいたものです。従来型の塾や予備校とは違う,まったく新しい学びの形がここにはあります。

開校のきっかけ

オンライン寺子屋は元々,2020年3月に新型コロナの感染拡大に関連して政府が要請した一斉臨時休校を受け,学習状況の遅れなどに不安を抱えている生徒さんや保護者の方々のために開校されました。

従来型の個別指導塾とは一線を画した授業を展開しています。勉強したいという意欲はあるが,明確な目標や効率的な勉強法が見つけられない生徒さんをサポートするための学びの場です。学習内容以外に勉強方法や学習計画についてアドバイスを受け続けることで,多くの生徒さんが自分で考え,より効率的な方法で勉強を進められるようになりました。

この取り組みについて予想以上のご好評をいただいたため,東京大学大学院生の講師などを新たに迎え,2020年7月から本格的にサービスを開始する運びとなりました。現在は意欲的に勉強したいと思っているすべての学習者に対して,自分に合った勉強法と考え方を身につけ,主体的な学びを実践してもらうための場となっています。

理念

各クラス最大5人の少人数授業です。学習者は講師との授業内での対話を通じて,目標を明確にし,自らに最適な勉強法を模索・確立することで,主体的な学びを実践します。

授業でどんなに大量の知識や解法を教わっても,それを自分の血肉とするための勉強法や学習計画が伴っていなければ,時間を浪費するばかりで成績には結びつきません。学習者はオンライン寺子屋での学びを通じて,知識だけでなく,自分に合った勉強法,目標や学習計画の設定方法,自らを客観的に分析する方法を学びます。こうした学びを通して得た考え方・姿勢は,その後の人生においてもあらゆる場面で役立つはずです。我々はオンライン寺子屋を,それぞれの学習者が学びを通して自らと向き合い,自己実現をしていく場にしていきたいと思っております。

たとえその時は遠回りに思えても,苦労しながら自分の力で答えにたどり着くという成功体験を積み重ねることで,学習者はさらなる好奇心・向上心を持ち,意欲的に勉強に取り組むことができるようになります。

また,主体的・自律的な学習を通して,受験だけでなく,その後の人生におけるあらゆる場面で役に立つ力,すなわち不確実な世を生き抜くための知恵を身につけることができます。

講師の役割は,学習者が実力を発揮できるよう支援し,敬意をもって接することで目標を達成できるよう手助けをし,学習者が自ら判断を下して成功できるよう信頼することです。

オンライン寺子屋で身につけることができる9つの能力

オンライン寺子屋での学びを通して,受講者は学力以外に以下の9つの能力を養うことができます。

  1. 主体性・自律心:主体性を持って判断・行動し,自律的に学習する
  2. 自己管理能力:時間や体調,感情,モチベーションなどの管理を自分の責任で行う
  3. 目的意識:何のために勉強するのか(しているのか)を常に考え,目標を明確にする
  4. 自己分析:常に自己分析を行うことで,自らと向き合い続ける
  5. 現状把握:目標との距離(自分の現在の位置)を常に意識し,現状を把握する
  6. 向上心:現状に満足することなく,常に勉強法の工夫・改善をはかる
  7. 思考の柔軟性:自分のやり方に固執せず、他者の意見に耳を傾け、その考えを理解しようとする。自分にとって有益な方法と判断した場合は躊躇なく取り入れる
  8. 全体を俯瞰する:自らを含めた全体を大局的に捉える
  9. 多様な視点:先入観にとらわれることなく、1つの事柄を様々な角度から捉えるようにする

オンライン寺子屋の7つの特徴

オンライン寺子屋の主な特徴は次の7つです。

  1. 少人数制授業で学びを深める
  2. 自己管理能力が身につく
  3. 主体的に学習する力を養う
  4. 自律的な学習者になる
  5. これからの時代を生き抜く思考力を養うことができる
  6. 課題の達成状況を可視化し,徹底的な自己分析を行う
  7. 全国(全世界)どこからでも希望の時間帯に受けられる

少人数制授業

各クラス最大5人の少人数授業を採用することで,講師は学習者1人1人をより丁寧にケアすることができます。また,学習者側も受け身ではなく,より深く主体的な学びを実践することができるようになります。

自己管理能力

時間や体調,モチベーションの管理は本人が行う必要があります。授業のときだけ勉強しても,それ以外の時間を有意義に過ごせないのであれば意味がありません。最終的に勉強を行うのは学習者本人です。

玄々舎では学習者本人が自分で考え,判断した計画や行動についての責任は本人に負ってもらいます。講師の主な役割は結果に基づいた分析をし,改善点をアドバイスを行うことで学習者本人の自己管理能力を高め,成長を促し,目標を達成できるように導くことです。

主体的な学習

授業では,学校から配られたプリントや自主的に取り組んでいる問題集など,学習者がそれぞれが自分のやりたいことを決めて勉強します。ご相談いただければ,学力に応じて取り組む問題集についてアドバイスすることも可能です。

学習者は講師との対話を通じて目標を明確にし,自らに最適な勉強法を模索・確立することで,主体的な学びを実践します。失敗も含めたすべての経験が学習者の力となるでしょう。

自律的な学習

矛盾するようですが,講師は極力アドバイスを控えます。そうすることで学習者は自分の頭で考え,調べ,問題解決の糸口をつかむことができるようになるからです。講師にサポートしてもらいながら課題の設定・検証・分析・改善といったプロセスを自ら実行することで,自律的に学習する習慣を身につけることができるでしょう。

これからの時代を生き抜く思考力

主体的な学びを実践し,徹底的に自分の頭で考え,自己分析を行うことでこれからの不確実な時代を生き抜くために役立つ実践的な思考力を養うことができます。

オンライン寺子屋における講師の役割は,一方的に知識を与えたり,質問に対して安易に答えを与えたりすることではありません。学習者に寄り添い,自分の力で答えにたどり着けるよう道案内することが主な役割です。

達成状況の可視化・徹底的な自己分析

自ら課題の設定や学習計画の立案を行うだけでなく,その結果に対して徹底的に自己分析を行うことで,自らの現状を的確に把握することができるようになります。

また,保護者に向けて,Googleスプレッドシートなどを通して授業報告を行いますので,「何を」「どのように」勉強したのか簡単に確認することが可能です。

全国(全世界)どこからでも受講可能

申込可能な曜日・時間帯の中から,ご都合に合わせて自由に授業時間帯や授業回数をご選択いただけます。パソコンがなくても,スマホやタブレット端末があれば全国(全世界)どこからでも受講可能です。

概要説明
スポンサーリンク
玄々舎
タイトルとURLをコピーしました